妊娠中の姿勢は体に大きな負担が! 2018.03.10

Unknown

多くの女性が経験する妊娠・出産。

胎児が大きくなるにつれて母体への負担は増していきます。では具体的に

どのような姿勢になり負担がかかるのかご説明しますね。

腰椎前弯増大(反り腰)

重心の前方移動

骨盤前傾の増大

Unknown

姿勢としてはこのようになり、この姿勢が原因で筋膜が引っ張られさま

ざまな症状がでてきます。例えば、肩こり・腰痛・お尻の痛み・ふくらは

ぎの痛み・膝の痛み・むくみなどがでてきます。

この中でも腰痛・お尻の痛み・ふくらはぎの痛みが多いですね。胎児が

成長するにつれて重心が前に傾くことで体を支えようとふくらはぎが頑

張り、骨盤が前に倒れ腰が反ってきます。そうすると腰に大きな負担が

り腰痛になります。骨盤が前に倒れることで股関節が捻れ、お尻が引

っ張られることで痛みがでてきます。

これらの姿勢の崩れは母体だけではなく胎児にも悪影響を及ぼします。

妊娠前の姿勢改善も重要ですが、妊娠中の姿勢改善も重要になってきま

すよ。

当院では妊娠中の方も多くご来院されます。痛みがある場合はもちろんで

すが痛みがない場合でも妊娠中の悪い姿勢を改善することで、出産する

際もそうですが出産後も身体の状態はかなりかわってきますよ。

妊娠中の姿勢が気になる、腰痛やお尻の痛みなどの身体の不調がでてい

る方は我慢しないで当院にご相談くださいね。

次回は5年以上続く慢性の腰痛について書きたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

のぞみ整骨院院長/骨盤矯正専門・パーソナルトレーナー百田尚二

ご予約・お問い合わせはLINE@またはお電話にて受け付けております。

友だち追加

 

nozomi_logo-01

「今里で唯一の骨盤治療院 のぞみ整骨院」は大阪市東成区にありますが

口コミや紹介により(中央区・天王寺区・東大阪市・生野区・城東区・大阪市内)からも多数ご来院いただいております。

大阪市東成区(大今里・東中本・中本・緑橋・東今里・神路・深江・中道・玉津・東小橋)の整体、鍼灸、交通事故治療、肩こり・腰痛・膝痛・頭痛などの慢性症状、自律神経症状、(産後)骨盤矯正、姿勢改善(反り腰・O脚・猫背)、コア(体幹トレーニング)、シェイプアップ(お尻・お腹・背中・太もも)のことなら「今里で唯一の骨盤治療院 のぞみ整骨院」にご相談ください。

一覧に戻る

アクセス

〒537-0012 大阪府大阪市東成区大今里3-1-8
TEL:06-6971-4649

お問い合せ

ご予約や、施術について等お気軽に
お問合わせください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

お問合わせの際のご注意

携帯メールの迷惑メールフィルター(ドメイン指定受信)をご利用の方は返信メールが届かない場合があります。
お手持ちの携帯電話、又は各キャリアの設定からpelvis-nozomi.comのドメイン受信解除をお願い致します。

各キャリアの操作方法はこちら