脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアの簡単な見分け方 2020.04.27

3360734_s

3360734_s

脊柱管狭窄症腰椎椎間板ヘルニアの簡単な見分け方があります。

脊柱管狭窄症についてー背骨には筒状になっている管のようなトンネルがありその部分に太い神経が通っています。この筒状になっている部分は骨で囲まれておる為、姿勢が悪くなり背骨に負担が掛かってくると骨が変形しトンネルが狭くなり神経に触れてしまうのです。そうすると痛み・痺れ・だるさがお尻、脚にかけてでてきます。

腰椎椎間板ヘルニアについてー背骨でも前の部分椎体といわれるブロックのような骨があり、その間には椎間板という衝撃を吸収するクッションのようなものがあります。姿勢が崩れ椎間板に負担が掛かってくると椎間板の中にある髄核といわれるものが外に飛び出し神経に触れ痛み・痺れ・腰痛がでてきます。

Unknown

脊柱管狭窄症特徴的な症状とは?間欠性跛行といわれるもので、歩いていていると痛み・痺れ・だるさがでてきて前かがみで休憩するとまた歩けるようになる。身体を起こす反ろうとすると痛み・痺れ・だるさがでる。

腰椎椎間板ヘルニア特徴的な症状とは?前かがみになると坐骨神経が伸ばされる為、痛み痺れがでる。じっとしていても疼くような痛みが腰のでる。

このような症状がでている方は要注意ですよ。ご質問などがあればお電話・LINE・お問い合わせ欄からよろしくお願い致します。

文字でわかりにくい方は↓に動画を貼り付けていますのでご覧ください。

{"subsource":"done_button","uid":"F2EB3AF4-C4B2-4710-9605-77E39499B44D_1587802809169","source":"other","origin":"background","source_sid":"F2EB3AF4-C4B2-4710-9605-77E39499B44D_1587802931365"}

https://youtu.be/bJWq_Oud0rk

のぞみ整骨院院長/骨盤矯正専門・パーソナルトレーナー百田尚二

LINEからご予約頂くとお得な特典がございます!

友だち追加

nozomi_logo-01

「今里(東成区)で唯一の骨盤専門治療院 のぞみ整骨院」は大阪市東成区にありますが

口コミや紹介により(中央区・天王寺区・東大阪市・生野区・城東区・大阪市内)からも多数ご来院いただいております。

大阪市東成区(大今里・東中本・中本・緑橋・東今里・神路・深江・中道・玉津・東小橋)の整体、鍼灸、交通事故治療、肩こり・腰痛・膝痛・頭痛などの慢性症状、自律神経症状、(産後)骨盤矯正、姿勢改善(反り腰・O脚・猫背)、コア(体幹トレーニング)、パーソナルトレーニング、シェイプアップ(お尻・お腹・背中・太もも)のことなら「今里(東成区)で唯一の骨盤専門治療院 のぞみ整骨院」にご相談ください。

一覧に戻る

アクセス

〒537-0012 大阪府大阪市東成区大今里3-1-8
TEL:06-6971-4649

お問い合せ

ご予約や、施術について等お気軽に
お問合わせください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

【メッセージの確認】
お問い合わせの内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックいただき送信ボタンを押してください。

お問合わせの際のご注意

携帯メールの迷惑メールフィルター(ドメイン指定受信)をご利用の方は返信メールが届かない場合があります。
お手持ちの携帯電話、又は各キャリアの設定からpelvis-nozomi.comのドメイン受信解除をお願い致します。

各キャリアの操作方法はこちら