テニス肘の予防法とは? 2016.08.18

Unknown

前回、肘の痛み!テニス肘とは?ついて書きました。

今回はテニス肘の予防法について書きたいと思います。

前回ご説明したように、腕の筋肉を使い過ぎることで筋肉が緊張し骨との付着部で痛みがでてきます。この痛みを軽減させる方法は3つあります。

RICE処置

テニス肘バンド

ストレッチ

 

RICE処置

Rest(安静)、Ice(アイス)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)と応急処置時に必要な4つの処置の頭文字をとりRICE処置と呼びます。ケガをした際、組織が損傷し炎症が起きます。この炎症を抑えることで治癒を早めてくれます。

痛みがある患部に氷(アイス)または保冷剤をビニール袋などに入れた状態であてます。タオルなどで巻き(圧迫)します。目安時間としては10分〜15分程度あて心臓より高い位置に腕をおきましょう(挙上)。

Unknown-2

テニス肘バンド

テニス肘専用のバンドが売っています。巻く位置は肘ではなく肘より少し下、筋肉の部分に巻きます。この部分に巻くことで筋肉の働きを抑え肘への負担を少なくします。バンドがない場合は伸縮性のあるテービング(キネシオ)でも代用できます。

images-1

ストレッチ

右肘の外側が痛い場合

右腕を伸ばします。手のひらは下に向けそのまま手のひらが自分の方に向くように手首を曲げます。そしてさらに手首を右の方に捻ります。この状態で左手を右手の甲におき自分の方に押していきます。(20秒以上)

IMG_0549

右肘の内側が痛い場合

右腕を伸ばします。手のひらを上に向けそのまま手の甲が自分の方に向くように手首を曲げます。この状態で左手を右手のひらにおき自分の方に押していきます。(20秒以上)

IMG_0550

どうでしょうか?伸びている感覚はありますでしょうか?痛みがでる手前で止めていただき気持ちいい感覚で行うようにしましょう。また、肘から下の腕が疲れやすい方にもオススメのストレッチになります。腕をよく使う方はやってみてくださいね!

RICE処置・テニス肘バンド・ストレッチをやっているけど痛みがとれない。ストレッチのやり方がよくわからない方は当院にご相談くださいね。最後までお読みいただきありがとうございました。次回は野球肘について書きたいと思います。

(のぞみ整骨院院長/骨盤矯正専門・パーソナルトレーナー百田尚二)

 

 

「のぞみ整骨院」は大阪市東成区にありますが

口コミや紹介により(中央区・天王寺区・東大阪市・生野区・城東区・大阪市内)からも多数ご来院いただいております。

大阪市東成区(大今里・東中本・中本・緑橋・東今里・神路・深江・中道・玉津・東小橋)の整体、鍼灸、肩こり・腰痛・膝痛などの慢性症状、自律神経症状、(産後)骨盤矯正、姿勢改善(反り腰・O脚・猫背)、コア(体幹トレーニング)、シェイプアップ(お尻・お腹・背中・太もも)のことなら「のぞみ整骨院」にご相談ください。

一覧に戻る

アクセス

〒537-0012 大阪府大阪市東成区大今里3-1-8
TEL:06-6971-4649

お問い合せ

ご予約や、施術について等お気軽に
お問合わせください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

【メッセージの確認】
お問い合わせの内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックいただき送信ボタンを押してください。

お問合わせの際のご注意

携帯メールの迷惑メールフィルター(ドメイン指定受信)をご利用の方は返信メールが届かない場合があります。
お手持ちの携帯電話、又は各キャリアの設定からpelvis-nozomi.comのドメイン受信解除をお願い致します。

各キャリアの操作方法はこちら