野球肘とは? 2016.08.22

Unknown

野球肘はスローイング動作過度な練習(オーバーユース)が原因で肘の内側・外則・裏側の3箇所のどこかで痛みがでてきます。選手生命に関わる疾患なので早期発見、早期治療が大事になってきますよ。

 

肘内側の痛み

肘内側には内側側副靭帯があり、この部分が投球する際伸ばされ損傷します。『内側側副靭帯損傷』『上腕骨内側上顆炎』などと呼ばれます。上腕骨内側上顆とは肘関節内側の出っ張った骨の部分のことをいい、この部分を押して痛みがでる場合は野球肘の可能性があります。

images

肘外側の痛み

成長期(小学生)に過度な練習を行うことで痛みがでてきます。投球動作の際、肘関節外側の骨同士がぶつかることで発症します。『上腕骨小頭離断性骨軟骨炎』『離断性骨軟骨炎』と呼びます。この場合、肘関節外側の出っ張った骨を押すと痛みがでてきます。

肘裏側の痛み

成長期(高校・大学生)にでる障害で肘関節を伸ばした際、骨同士がぶつかり発症します。腕の筋肉の緊張で痛む場合もあります。『肘頭骨端炎』と呼びます。肘を軽く曲げた状態で肘関節の出っ張った骨を押すことで痛みがでてきます。

こういった野球肘の場合でも身体の捻れ、骨盤の歪みを整え肘の負担を軽くすることで痛みが軽減します。肘の痛みでお困りの方は当院までご相談ください。最後までお読みいただきありがとうございました。次回は野球肘の痛み緩和・予防ストレッチをご紹介したい思います。お楽しみ♪

(のぞみ整骨院院長/骨盤矯正専門・パーソナルトレーナー百田尚二)

nozomi_logo

「のぞみ整骨院」は大阪市東成区にありますが

口コミや紹介により(中央区・天王寺区・東大阪市・生野区・城東区・大阪市内)からも多数ご来院いただいております。

大阪市東成区(大今里・東中本・中本・緑橋・東今里・神路・深江・中道・玉津・東小橋)の整体、鍼灸、肩こり・腰痛・膝痛などの慢性症状、自律神経症状、(産後)骨盤矯正、姿勢改善(反り腰・O脚・猫背)、コア(体幹トレーニング)、シェイプアップ(お尻・お腹・背中・太もも)のことなら「のぞみ整骨院」にご相談ください。

一覧に戻る

アクセス

〒537-0012 大阪府大阪市東成区大今里3-1-8
TEL:06-6971-4649

お問い合せ

ご予約や、施術について等お気軽に
お問合わせください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

【メッセージの確認】
お問い合わせの内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックいただき送信ボタンを押してください。

お問合わせの際のご注意

携帯メールの迷惑メールフィルター(ドメイン指定受信)をご利用の方は返信メールが届かない場合があります。
お手持ちの携帯電話、又は各キャリアの設定からpelvis-nozomi.comのドメイン受信解除をお願い致します。

各キャリアの操作方法はこちら