足裏・踵の痛み(足底腱膜炎)とは? 2016.10.12

images

足底腱(筋)膜炎お聞きになったことはありますか?

前回、足裏のアーチについて書きました。足の疲れの原因、足裏のアーチ・浮き指とは?

このアーチを構成しているのが足底腱膜です。ですので身体(骨盤)の歪みなどでアーチが崩れると足底腱膜が緊張し、足底腱(筋)膜炎になる可能性が高くなります。

 

足底(足裏)には足の指を動かすさまざまな筋肉が踵(かかと)に付着しています。足底の筋肉が引っ張り緊張することで、足裏・踵の痛みがでてきます。そしてこの緊張が強くなると踵の骨がトゲのようにでてきます。(骨棘)そうなることで踏ん張ることができず、歩行困難になることもあります。

 

痛みがでる部位で多いのが【踵・土踏まず】です。その他にも足裏の前・横とその方によって違います。

images-1

 

足裏・踵の痛み足裏が原因ではない?内臓が原因だった!

足裏・踵の痛みは足裏に原因があることは少ないです。

主な原因は身体(骨盤)の歪みで、重心の位置がかわり足裏に均等に圧がかからなくなるので局所的に痛みがでてきます。この歪みの中でも特に足裏と関係があるのが内臓膜の緊張です。

unknown

便秘をしたことはありますか?便が一番つまりやすいのはS状結腸といわれる部分で左の下腹部にあります。便秘をすることで、その部分が緊張し重たくなり身体(骨盤)が歪み重心の位置がかわってきます。内臓膜の緊張はこの他にもありその方によって違います。

 

自宅でできる重心位置の検査法とは?

フローリングなどの硬い床に立位の状態で肩幅に足を開きます。この状態で目を閉じ、どこに体重がのっているかを確認してみてください。足裏の踵・つま先・内側・外側の床に対する接地具合が左右で違いがあると思います。左右の違いがわかりやすい方は重心の位置がかなり崩れている可能性がありますよ。

images-2

身体の歪みやバランスが気になる、足裏・踵が痛い方は一度ご相談くださいね。最後までお読みいただきありがとうございました。次回はむくみについて書きたいと思います。

(のぞみ整骨院院長/骨盤矯正専門・パーソナルトレーナー百田尚二)

nozomi_logo-01

「のぞみ整骨院」は大阪市東成区にありますが

口コミや紹介により(中央区・天王寺区・東大阪市・生野区・城東区・大阪市内)からも多数ご来院いただいております。

大阪市東成区(大今里・東中本・中本・緑橋・東今里・神路・深江・中道・玉津・東小橋)の整体、鍼灸、肩こり・腰痛・膝痛などの慢性症状、自律神経症状、(産後)骨盤矯正、姿勢改善(反り腰・O脚・猫背)、コア(体幹トレーニング)、シェイプアップ(お尻・お腹・背中・太もも)のことなら「のぞみ整骨院」にご相談ください。

一覧に戻る

アクセス

〒537-0012 大阪府大阪市東成区大今里3-1-8
TEL:06-6971-4649

お問い合せ

ご予約や、施術について等お気軽に
お問合わせください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

【メッセージの確認】
お問い合わせの内容はこちらでよろしいですか?
よろしければチェックいただき送信ボタンを押してください。

お問合わせの際のご注意

携帯メールの迷惑メールフィルター(ドメイン指定受信)をご利用の方は返信メールが届かない場合があります。
お手持ちの携帯電話、又は各キャリアの設定からpelvis-nozomi.comのドメイン受信解除をお願い致します。

各キャリアの操作方法はこちら